目の疲れには冷やす?温める?間違ったケアだと視力が下がる事も!?

スポンサーリンク


目が疲れたときに

冷たいタオルで

目元を冷やしますか?

それともアイマスクで温めますか?

それは肩コリや腰痛とも同じで

冷か温か考えるところです。

目の疲れと言っても

実は症状も色々と違うものです。

1日寝ても完治しないような

慢性的な目の疲れもあれば、

特別に目を動かした

突発的な目の疲れもあります。

目の疲れをとるために

冷やしたり温めたりすることは、

症状によって使い分けることが

正解です。

では、どんな目の疲れのときに

ケアをすれば良いのでしょうか?

今回は適正なケア方法を紹介します。

スポンサーリンク


目の疲れには種類がある!逆効果にならないようにケアしよう!

毎日のように、

仕事でパソコン作業をしている。

そんな場合は、

目の疲れも慢性的な状態で

1日や2日、目を休めただけでは治らない。

なんともジーンと重いような

目の疲れを感じると思います。

そんなときは目頭を思わず

親指と人差し指で

つまんでしまうことありますよね?

それは目の周りの筋肉がかたまり、

血行の流れを

悪くしてしまっているせいです。

目の周りの血行促進することで、

筋肉が柔らかくなり、

目の重い疲れを取り除くことができます。

慢性的な目の疲れは「温める」

ことが効果的です。

同じようにパソコンやスマホで

目が乾いてしまうドライアイ

こちらも女性に多く、

目をシバシバとさえてしまう、

ツライ症状ですよね。

ドライアイの場合は目の油膜が

不足しているから起こります。

そこで目を温めることで

油膜の油が溶け出し

目を守ることができるのです。

ドライアイの場合も「温める」こと

効果的と言えますね。

普段から目を

酷使しているワケじゃないけれど、

急な作業で馴れないパソコン作業や、

部品チェックなど

細かい作業をした。

そんな場合は、

突発的な目の疲れが起こります。

そのような場合は

目が充血していることが多いでしょう。

目の周りを「冷やす」こと

血管や筋肉がキュと縮まり

元に戻すことができます。

冷やすことで目はパッチリ、

スッキリすることができます。

まとめると、

「温める」

慢性的な目の重い疲れ、ドライアイ

「冷やす」

突発的な目の疲労、充血、炎症、

慢性的な目の疲れは将来危険!?早めに対策しておこう

毎日パソコン作業しているから

目の疲れは仕方ない・・・

眼精疲労に関しては

あきらめモードの方も多いでしょう。

たしかに仕事で

パソコン作業をしている方は

簡単にやめることができません。

これは我慢するしかない・・・

と思ってしまいますよね。

慢性的な目の疲れを我慢しつづけると、

目だけじゃなく、

肩コリや腰痛を引き起こしてしまいます。

そして頭痛や吐気、眩暈

を伴うことがあります。

結果的に神経症など重大な病気に

繋がることがあるのです。

また目の疲れを放置していると

当然、眼球を動かす筋肉に

異常が起きてしまいます。

そして目の調節機能が下がってしまって、

物が見えにくくなり、

視力低下に繋がります。

それだけじゃなく、

目の組織に負担がかかってしまって、

・結膜炎

・白内障

・緑内障

・ものもらい

など目の病気に繋がってしまいます。

慢性的な目の疲れは、

ほとんどの方が、

仕方ないとあきらめてしまいます。

ですが、放置しておくと

時に病気や精神的な病

繋がることもあります。

目の疲れをケアする為には

睡眠とリラックスが大事です。

極力目を休ませてあげること、

目を温めるアイマスクをすることで

目の緊張を解いてあげましょう。

電子レンジで温めるタイプの

ホットアイマスクも市販されています。

また、家のタオルを水で濡らして、

電子レンジで90秒~120秒温めるだけでも

温タオルが出来上がります。

もっと簡単な方法だと、

熱い湯でタオルを絞るだけでも

OKです。

最近ではハーブアイマスクなども

販売していますので、

是非、色々と試してみると良いでしょう。

まとめ

目の疲れを悪くする原因に

姿勢も関係していることがあります。

パソコンやスマホを使っている時は、

どうしても目の距離が近くなりがち。

これは、

無意識にしてしまっている姿勢なので

治すことが難しいです。

パソコンをしているときは

姿勢矯正ベルトなどをすると、

自然と正しい位置に

目を持っていくことができます。

これだけでも目の疲れ、肩コリは

改善されることがありますよ。

お試しください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする