子供のうちから視力回復しないとヤバい!?もう一生回復しない可能性も?

スポンサーリンク


お子さんはテレビを見ることが

大好きですよね。

また、子供の本業である勉強も

日々の生活では欠かせないことです。

目を使うことが増えてきた

子供の視力が下がってきていることを

心配しているあなた。

子供の頃から視力回復をしなければ、

一生回復しない可能性もあります。

子供の時から視力回復対策をする

理由をお伝えします。

また、子供が続けられる、

視力回復のための対策を

ご紹介しましょう。

スポンサーリンク


子供の時から視力回復対策をするべき理由

お子さんの視力低下に

気づくタイミングは、

お子さんからの

「黒板の文字が見づらい」

という発言や、

学校の定期視力検査で

悪い判定をもらってくる時が

多いかと思います。

子供の視力低下は、

近視である場合が多いです。

目のピントが、

網膜よりも前になっている状態の事を

近視と言います。

近くが見える代わりに

遠くのものが見づらくなる症状です。

近視になる要因は、

遺伝と環境の2つの要因があります。

遺伝の場合、

低年齢から症状が現れます。

環境の場合は、パソコンやスマホ、

テレビの使用頻度が主な原因。

照明の明るさ設定、

栄養バランスなども

原因になることもあります。

1時間以上、同じ箇所を

見つめ続けることが原因

起こりやすいと言われています。

ですので、テレビを見るとき、

勉強をする時でも、

1時間に1回は休憩をして

目を休めることが必要です。

下がった視力を放置していると、

子供は目から入手する、

様々な情報を得ることが

難しくなってしまいます。

その他、

知力や感性の発達に悪影響

を及ぼす可能性があります。

また、ものが見づらい生活をしていると

眼や脳に過度の負担がかかります。

他にも、

事故や怪我の原因にもなったりするため、

視力回復対策は、

親の務めの一つとも言えるでしょう。

お子さんの視力低下により、

お子さんの生活の質を落とすことは

避けなければいけません。

子供でも続けられる!親ができる視力回復6つの対策

視力を回復させるには、

メガネやコンタクトレンズを使う、

という方法が主ですが、

小さい頃から外見を気にして、

「かけたくない」

というお子さんもいるでしょう。

普段の生活の中で

目に良い習慣を取り入れて、

視力回復に取り組みましょう。

まず、テレビやゲームの時間は

1日30分など時間を決めましょう。

ただ、子供が隠れて

布団の中でゲームをしていては、

意味もありません。

暗い中で目を酷使することは、

視力低下がより進む原因になります。

お子さんにきちんと説明をして、

必ず明るい場所で時間を決めるように

伝えましょう。

勉強をするときは、

50分に1回は休憩をして、

5~10分は目を休ませるようにしましょう。

休憩時間にテレビを見たり、

スマホをしたりしては

目の休息にはなりません。

くれぐれも注意してください。

テレビや読書、勉強をする時は

必ず電気をつけること

習慣づけましょう。

暗がりで作業をするほど、

目に悪いことはありません。

また、姿勢に気を遣い、

・パソコンは50cm

・テレビは2m

・本やノートは30cm以上

の距離をあけて使用すれば、

目が疲れすぎません。

前のめりになりやすいお子さんは、

親が都度注意してあげて、

癖付けをしてあげましょう。

体の中から目の健康を考えるために

青魚や緑黄色野菜、豆類、

またブルーベリーを摂取することを

おすすめします。

ある程度の年齢になれば、

目に効くサプリメントを利用することも

良いでしょう。

視力回復に良いとされる

3D絵本を使用したり、

ピンホールメガネをかけたりして

目の調節機能の緊張を

和らげる方法も良いでしょう。

直接的に視力回復に

つながるかといえば、

断定は出来ません。

ただ、目の筋肉をリラックスさせ、

近視の進行を食い止める効果が

期待されています。

まとめ

お子さんの視力低下は

なかなか気づきにくいでもの。

子供の些細な変化に

早めに気づくことができれば、

病院を受診することが可能です。

視力が生活習慣により

悪くなっていると感じるのであれば、

親も一緒に子供の目にとって

良い生活を習慣づけていきましょう。

目は生きていく中で

必要不可欠な臓器の一つです。

長い人生を生きていく中で

沢山のものをお子さんに

目で感じてほしい。

それなら是非、目を大切にするよう、

お子さんにも理解させてあげてくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする