出産前の専業主婦は家事の効率が悪くなってしまいがち?

スポンサーリンク


出産前に溜まっていた有給も使って、

2ヶ月ほど専業主婦に、なっていた時がありました。

しばらくはマッタリと過ごして、

つかの間の自由を、堪能していたのですが、

段々と不安になってきました。

時間がありすぎて、

何をしていいかわからなくなったのです。

気がつけば、時間は十分あったはずなのに

家事が終わらないという事態に陥ってしまいました。

これは、

時間はたっぷりあるという油断と

妊婦特有の疲れやすさが原因だった気がします。

生活にメリハリをつけて家事を効率よく行わなければ、

家も自分も段々とだらしなくなってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク


専業主婦の1日って?

働きに出ていない場合、決まった拘束時間はありません。

子供がいない、もしくはまだ生まれていない

専業主婦の場合には、

自分のペースで家事をすることができます。

疲れた時には、自由に休むこともできてしまいます。

一般的には、朝起きて朝食の準備し、

夫を送り出した後は、比較的時間に融通が利きますよね。

自営業でない場合には、

一度送り出したら仕事が終わるまでは

帰ってこないのが普通です。

通勤の時間を除いても、

8時間は家族が誰も家にいない状態で

過ごすことになります。

集中してやれば、水周りの掃除は、

大掃除でもない限りは、1時間もかかりません。

大人だけの家では、片付けるものもそう多くないでしょう。

ワックスがけなどの特別な日でなければ、

部屋の掃除を合わせても

午前中いっぱいで終わってしまうのではないでしょうか。

午後は買い出しや用事に使ったり、

終わらなかった家事がある場合の

予備の時間にすることができます。

共働きの場合よりも、

子供がいなかった時の専業主婦時代の1日は、

時間的に余裕があった印象です。

兼業と専業でやるべき家事は違うの?

共働き世帯の主婦と専業主婦とでは、

やるべき家事に違いはあるのでしょうか?

私の場合には、そう大きな違いはありませんでした。

自分一人が家にいることで、

部屋が汚れるということもありません。

専業主婦だからと言って、汚れてもいない部屋や水回りを

強力な洗剤を使ってゴシゴシ磨く必要はありませんよね。

洗剤によっては胎児によくない場合もあるので、

そうそう掃除に力を入れることはできません。

料理は多少手の込んだものを作ろうと思うかもしれませんが、

掃除、洗濯についての手順は同じです。

住居を綺麗な状態に保ち、

脱衣かごに溜まった衣類の洗濯をすることに変わりはありません。

昼寝が必要な場合って?

妊娠中は、眠かったり疲れやすかったりと

体調にムラがあります。

貧血になる人も多いので、

妊娠前よりも無理がきかなくなっています。

体調が悪い場合には、思い切って昼寝をしても良いでしょう。

少しでも休むことで、家事の効率がアップすることもあります。

ですが、なんとなく眠いという場合には、

あまり昼寝はお勧めできません。

昼に寝ることで

夜の睡眠に支障が出てしまう場合があるからです。

夜の睡眠が浅くなったり、遅くまで眠れなくなったりすると、

また昼間に眠くなってしまいます。

決まった用事がない状態で生活リズムが崩れると、

立て直すのに苦労します。

昼寝をする場合には短時間で、

夕方以降にはしないというような

ルールを決めた方が良いです。

体の不調を回復するには、

眠らなくても横になるだけでも効果があります。

それでも回復しない日が続くようならば、

それは病院で相談した方が良いレベルです。

体のSOSサインかもしれませんよ。

人間の集中力の限界

人間は、そうそう長時間一つのことに

集中してはいられません。

本人が気付いていないだけで

作業の効率は落ちてしまっているのです。

主婦の家事にも同じことが言えます。

特に時間に余裕がある専業主婦の場合、

気持ちが緩んでしまうことがあります。

そんな場合には、時間を決めて

家事をした方が効率よく行えることが多いです。

妊婦の場合は特に疲れやすく、集中力も低下しがちです。

自分でも気付いていないうちに、

だらけてしまっているかもしれません。

短時間で区切って休憩を挟むことが、

普段よりも必要だと言えるのではないでしょうか。

よほど意志の強い方以外は、人の目がないとだらけがちです。

妊娠中は無理をしてはいけませんが、

必要以上にゴロゴロしても良くありません。

適度に動くことが大切なのです。

妊婦の専業主婦にとって、

自分を管理することは思った以上に大変なことです。

メリハリをつけることで何が違うか

兼業主婦だった時には、

嫌でも仕事と家事の区別ができてしまいます。

時間的にも制約があり、

時間に追われながら家事をしていました。

ですが専業主婦となると、

時間やスケジュールも、自分で決めなければなりません。

ただなんとなく家事をしていては、

ダラダラと長引いてしまうこともあり、

効率が良いとは言えません。

このダラダラ家事を予防するためには、

休む時と家事の時間を

はっきりと分けてしまえばよいでしょう。

はっきりと区別することで、生活にメリハリがつきます。

達成感も得ることができ、気分的にも充実しますよね。

達成感はやる気にもつながります。

やる気は効率をアップさせることができるので、

メリハリをつけることが

家事の時短に役立つと言えるかもしれませんね。

まとめ

時間に余裕のある専業主婦だからこそ

時間の管理が必要だと言えるかもしれません。

自分で無理のないスケジュールを決めて、

メリハリのある生活をすることが大切です。

妊婦には、時間を区切って家事をこなすことが

体調面のケアにもつながります。

兼業でも専業でも、やるべき家事は基本的には同じです

専業だからと言って一日中家事をする必要はありません。

人間の集中力には限界があります。

家事は家事

自分の時間は自分の時間と

はっきり区別して

メリハリのある生活をすることが

家事の効率アップにつながるのです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする