ピン!と感じる2歳になる娘が喜んだオススメスポット

スポンサーリンク


赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎた頃から、

少しずつ外に出られるようになります。

小さいうちから一緒に色んなものを見て、

色んなものに触れて、

色んな場所に連れて行くことで、感性が磨かれたり、

たくさんのことに興味を示してもらいたいと思い、

週末にはよく家族で出掛けています。

ミルクや離乳食の時期には、

まだまだ出掛けられる場所も限られますし、

ママも長時間外でお世話をしながら

楽しむことはなかなか難しいですよね。

でもハイハイをしたり、立てるようになってくると

段々と一緒に楽しめることが増えていきます。

赤ちゃんも笑ったり、おしゃべりをしたり、

ものに触れようとしたりと

反応を示してくれるようにもなるので

出掛けることが、楽しくなってきます。

そこで、私が娘と実際に出掛けて楽しかった

オススメスポットをコッソリ教えます。

スポンサーリンク


フラワーガーデンが見逃せない

春から夏にかけて、チューリップバラ

ひまわりなど様々な花が、たくさん咲くこの時期は

フラワーガーデンやお花見、ひまわり畑がオススメです。

3ヶ月を過ぎた頃、初めて娘と出掛けたのがお花畑でした。

まだまだ歩くことや話しをすることが

できない時期ではありますが、

目で色彩を感じ、鼻で香りを感じ、

肌で季節の風を感じながら一緒に楽しむことができます。

大きな駐車場を、完備しているところも多く、

階段や段差を、あまり気にすることもないため

ベビーカーも使いやすく、

万が一子供がぐずっても、屋外なのであまり気になりません。

初めていちご・ブルーベリー狩りに行って感じたこと

いちごは、冬から春にかけて、

ブルーベリーは、7月下旬から8月にかけての

夏の時期にできるフルーツ狩りです。

初めてフルーツ狩りに行ったのは、

離乳食でフルーツが食べられるようになった

生後6ヶ月過ぎでした。

もちろんそのまま、かじることはできませんが、

もぎたての果汁100%の

いちごジュースにして飲ませたところ、

夢中になって飲み干していました。

もっと飲みたいと、泣かれるほどで、

赤ちゃんでも、おいしいものがどんなものかが

わかっているんですね。

歩けるようになってからの、フルーツ狩りも楽しいですよ。

特にいちごとブルーベリーは、低い位置に実がなるので

小さい子供でも、自分で取って食べることができるので

毎年夢中になって頬張っています。

実を捜して取って食べることに、集中してくれるので

ママも安心して、一緒に楽しむことができますよ。

牧場だってここまで楽しめる

できれば広い大きな牧場がオススメ。

普段あまり見ることのない牛や馬、

羊やヤギなどが至近距離で見られ、また乳搾りや馬乗りなど

動物と触れ合える体験が、できるところも多いのが魅力的です。

牧場は広々と開放的なので、

子供も思いっきり走ったり騒いだりでき、

ママも子供がたとえ少し遠く離れていっても

どこまでも見渡せるので、

迷子の心配もほとんどないので

安心して遊ばせることができます。

牧場も6ヶ月過ぎに行きました。

まだ歩くことができない時でしたが、

抱っこ紐をして、一緒に動物に近づいていくと、

自ら動物に触ろうとしたり、

キャッキャと笑って楽しむ反応がありました。

小さな頃から、動物に触れ合っていたせいか、

今では、動物が大好きです。

私のオススメ!!サファリパーク

動物を見に行くと言えば動物園ですが、

私がオススメするのはサファリパークです。

ここのいいところは、至近距離で動物の様子が見られること。

そして大きな動物が多いので

幼い子供でも、すぐに見つけることができます。

また車でまわることができるので、

子供を抱っこしながら、広い園内をまわり疲れて大変!

なんてこともありません。

大人も子供と一緒になって、夢中になることができます。

娘の反応もとてもよかったです。

サファリパークの前に、動物園にも行きましたが、

小さな動物だと、草木に隠れているのを見つけることができず、

大人だけが、

楽しくなっているなんてことが、多かったのですが、

車の中で興奮しながら

指を差してみたり、怖がったり、驚いたりと

色々な反応があり終始楽しそうでした。

とっても助かる大きな総合公園

私の住む街には市が、管理する大きな公園があります。

公園には、大型遊具やふれあい動物園、じゃぶじゃぶ池、

ピクニックやボール遊びなどが楽しめる、

広い芝生の広場などがあります。

小さい公園ですと

気晴らしに少し遊ばせる程度で、あればいいのですが、

一日中思いっきり遊ばせたいとなると、

誤って、公園の外に出てしまうことを心配したり、

子供の人数が多いと、遊ぶのを断念せざる

負えなかったりすることがありますが、

広いとそういった心配もほとんどなく

また園内に車が、通ることもないので

安心して遊ばせられるのが、うれしいです。

また、年齢や季節に応じて

その都度遊び場所を、選択することができますし、

また歩けるようになる前の段階から

一緒に楽しむことができる場所で

ママも気分転換ができますし、

費用もかからないため、小さいうちは毎日通っていました。

それから公園には

同じ年くらいの子供が、たくさん集まる出会いの場所なので、

一緒に遊べるお友達ができるのが毎回うれしそうです。

ちょっと意外!大型ショッピングモール

雨の日の遊び場になっていたのが、大型ショッピングモール。

小さな子供にとっては、

こんな場所も、楽しい遊び場になってしまうんです。

もちろん子供が遊べる場所が、設けられていて

そこで遊んだりもしますが、

見渡す限りの全てのお店が目新しく、

置かれている商品にも、目が釘付けです。

これはなんだろう?

こんなに可愛いものがあるの!!

これは何に使うの? と

好奇心のかたまり

また、様々な年代の人に出会えるので

人がしている行動を観察しては

私もできるようになりたい

やってみたい と刺激を受け、

家に帰ってから、真似をしてみたり、

できるようになるため、必死に練習してみたりします。

ただ楽しむだけでなく、

色んな知識を、身につけることができる

社会勉強に適した場所にもなります。

ついでに、ママも買い物ができます。

ショッピングモールは、

子連れにも親切で優しい環境が、整っていることが多いので

出掛けやすいです。

安心できる未就児対象の児童館

どの街にも児童館がいくつか設けられています。

児童館には主に

室内で遊べる遊具やおもちゃ、絵本などがあり、

保育士の資格を、持っているスタッフが

読み聞かせや、お歌を歌ってくれたり、

親同伴の保育園施設の、ようなところです。

ハイハイやつかまり歩きの時期は

外でのびのびと遊ばせることは、なかなかできませんし、

不安も多いので、

しっかりと、歩くことができるようになる時期まで

よく通っていました。

同じ年の子供に、たくさん出会えるので

成長のいい刺激になり、

ママも同じ子育て中のママと、知り合える出会いの場になって、

情報交換やお友達を作ることもできるので、

孤立した育児環境にならず、ママにもオススメです。

場所によっては、

お昼寝をさせるベッドなどがあったり、

食事ができるスペースが、設けられていて

1日過ごせるところもあるので、

もし近くにあれば、是非活用してみてください。

納得の子供向けの室内遊び場

最近では、ショッピングモール内に入っていることが多い

有料の室内遊び場

キッチンやお店ごっこにボールのプール、お砂場や

巨大遊具などが揃っていて、子供は大はしゃぎです。

上手に歩けるようになる、1歳半くらいからよく

雨の日に遊びに行っています。

小さいうちははしゃいで、走り回ることも多いので

なるべく、平日の空いている日を狙って行きます。

普段家にはない遊具で、遊べる楽しさもありますが、

たくさんのお友達がいる中で、遊ぶことにより、

他の子に

おもちゃを貸してあげることを学んだり、

順番を守ること、

遊びたいのを、少し我慢することなどを

身につける社会勉強ができることも、また魅力のひとつです。

有料ですが、わりと手頃なお値段設定ですし、

1日フリーパスなどもあるので

上手に活用するといいと思います。

まとめ

いろいろな、スポットを紹介しましたが

あくまでこれは、うちの子が好きな遊び場で

それぞれのご家庭での、違いはあると思います。

あくまで、一つの参考としてください。

子供には、無限の可能性があります。

その、可能性を引き出すためにも

出来る限り、いろいろなところで

遊んであげると、いいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする