下半身のむくみは病気に繋がってる!?こんなむくみは危険が眠ってる!?

スポンサーリンク


こんにちは!

アナタは、むくんだことって

ありますか?

私は、足がよくむくみます。

疲れて帰宅して、

すぐにベッドに倒れこみたいのに、

むくんで靴がなかなか脱げなくて

困ったことがあります。

それを上司に相談したら、

女性だから仕方ないんだって。

毎日マッサージをして、

むくみを解消するしかないって。

でも、頻繁にむくむのって、

本当に仕方ないのでしょうか?

何か悪い栄養とかが、

悪さをしているのでは?

もしかして病気だったりして!?

今回はそんなむくみについて、

お話ししてみますね。

スポンサーリンク


むくみって何?どうして起きるの?

泣いたらまぶたがむくんだ・・・

一日立ち仕事だったから、

足がむくんで・・・

そんな話を聞いたことって、

ありませんか?

私はあります。

むくみというのは、

循環するはずの水分が

たまった状態です。

筋肉が水分を循環させるのですが、

顔は筋肉があまりないし、

立った足から水分を循環させるのって、

たくさんの筋肉が必要。

ですから、

顔や足にむくみが出やすいし、

筋肉の少ない女性が

むくみを訴えることが多いんです。

顔のむくみは前日の夜の食生活、

運動不足で起こります。

朝にむくんで、夜になってくると

だんだん解消されます。

足のむくみは運動不足や疲労、

下着などでの圧迫で起こります。

どちらにしても、

運動は大切なのですね。

むくみができちゃった!すぐに治したいときの解消法

どんなに気をつけても、

むくむときはあります。

そんなとき、

食事療法などをしたところで、

今あるむくみが解消される、

というわけではありません。

そんなときは、

こちらの方法を試してみては?

顔全体がむくんじゃった!

というときは、

リンパの流れに沿って

マッサージするといいです。

もちろん顔用のクリームなどで、

すべりやすくしてくださいね。

まぶたが、むくんじゃった!

というとき。

蒸しタオルで目元を暖め、

冷水で目元を洗う

というのを数回繰り返して。

足がむくんだら、足や足裏の

マッサージがおススメ。

「でも、そもそもブーツが脱げなくて

マッサージできない!」

そんなときは、

脱ぐほうの足を曲げて、

かかと部分をつかんでください。

そしてつま先の方に向かって

ぐいっと押すと、脱ぎやすいですよ。

でも、これはあくまで解消法。

毎日できる対処法については、

後で話しますね。

下半身のむくみから読み解く危険な病気とは!?

むくみって血液の循環がキーワード。

水分はそのままではなく、

血液に乗って循環しますからね。

ということは、

肝臓や腎臓の病気

むくんでいる可能性も。

足の血管が破れていて、

むくんでいる可能性だってあります。

長時間立っていた、

長時間同じ姿勢だった、

運動不足、不摂生。

もし、これらに心当たりがないのに

むくんでいたり、

長期的にむくみが続くようであれば…

病気が原因でむくんでいる、

という可能性があります。

まずは内科を受診してみてくださいね。

むくみが病気を引き起こす事もある?今すぐするべきむくみ対処法

でも、たかがむくみで生活改善するのも、

めんどくさいなあ。

そう思ったアナタ!

むくみを放っておくと、

大変ですよ!

まず、太ります

水分には

脂肪も含まれていますので、

それが蓄積すると太る。

常にむくんだままなので、

太って見えてしまう。

もちろんそれだけでは

ありませんよ。

下肢静脈瘤というものがあります。

むくみを放っておくと

なりやすい病気の一つ。

足が痛くなったり

皮膚がただれたりするんです。

これを悪化させてしまうと

手術が必要なんです。

ですから、何としてでも

どうにかしたいんです。

そんなむくみを事前に防ぐために、

できることを紹介しますね。

まず、むくみの原因である水分。

「水分を摂るとむくむから・・・」

と控えてはいけません。

なぜなら、水分を摂ると

体の老廃物を排出してくれるから。

老廃物が多くなると、

血液がドロドロになって、

血栓とができやすくなります。

血栓ができると、

最悪死ぬ病気になるんです。

ですので、

水分は毎日2リットルを目標に、

摂りましょう。

食事ですが、あまり食べ過ぎず、

自炊したものを食べましょう。

意外ですか?

もっと細かいと思いましたか?

コンビニ弁当は

確かにおいしいし便利。

ですが食品添加物だって

たっぷり入っています。

食品添加物の中には、

むくむ原因のものがあります。

冷凍食品などもおいしくするために、

色々入っています。

そうではなく、

例えばスープとか煮物とか、

簡単でもいいので自炊すると、

偏食を防げます。

でも、お肉だけとか、お野菜だけと

いうのも少し問題です。

野菜炒めにお肉を入れたり、

お魚を焼いておひたしを添えたり、

工夫してみてくださいね。

そして、運動なのですが、

毎日ジョギングなんていいません。

最初は続けられそうですが、

だんだん面倒になってきそうです。

そうではなくて、

例えば駅と駅が近いなら、

ちょっとだけ歩いてみるとか。

1階だけは必ず階段で上ってみるとか。

近所をお散歩したり、

コンビニへだけは歩いて行ったり、

お買い物には歩いて行くとか。

雑巾がけをするとか。

お部屋の移動は荷物を必ず持って、

遠回りにしてみるとか。

お仕事中お手洗いに立ったついでに

ストレッチをしてみるとか。

最初はその程度でいいと思います。

動く習慣を増やすと、筋肉が増えます。

姿勢を変えると、

血が流れやすい体勢にもなります。

運動すると、体力がつきます。

基礎代謝も上がります。

そうすると、病気にも

かかりにくくなります。

まとめ

いかがでしょうか?

もしもむくみがずっと

続いているようならば、

病院へ行ってください。

そうでないなら

少しずつ生活を変え、

むくみを予防しましょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする