便秘改善にはお茶が何よりも効果的!本当に効果的な飲み方5個のポイント

スポンサーリンク


こんにちは!

便秘ってツライですよね。

お腹が張って、出そうなのに出ない。

かといって力むと

血管が切れそうだし、

運動は時間がない。

でも、お薬を飲むのは抵抗があって、

どうにか自然に出て欲しい。

出来れば簡単で、

楽しい方法があればなぁ。

そんなワガママさん、ズボラさんは、

少なくないと思います。

私もツライのは嫌ですし、

できるだけ楽に続けたいですもん。

そんな方がまず目を向けるのが、

食べ物や飲み物だと思います。

スポンサーリンク


便秘改善に効果があるといわれる飲食物!

納豆やヨーグルトなどの発酵食品、

バナナ、オリーブオイルは、

よく耳にします。

でも、納豆って嫌いな方も多いし、

ヨーグルトは便秘にいいとよく聞きますが、

下痢になりやすいってご存知でした?

バナナは傷む前に食べないといけないし、

オリーブオイルはクセがあって苦手・・・

という方でも

大丈夫なものを探していたら、

お茶がありました。

何でも良いわけじゃない!便秘改善に効果があるお茶の種類

もちろん、どんなお茶でもいい、

ってわけではありません。

ガッカリしましたか?

健康食品や便秘用のお茶って、

お腹が張って苦しいですもんね。

あまり飲みたくないです。

でも今回紹介するのは、

別に便秘用のお茶ではありませんよ。

少し興味が出てきましたか?

では、どんなお茶なら

いいのかというと・・・

食物繊維豊富

黒豆茶やマテ茶など、

マグネシウムを豊富に含む

マテ茶や杜仲茶など、

ビタミンCが豊富な

緑茶やローズヒップティーなど。

どれもスーパーや薬局で

見たことがありますし、

ちょっと試してみようかなーと、

気軽に購入できますよ。

私のおススメは

黒豆茶とマテ茶、緑茶でしょうか。

ローズヒップティーは酸味があって、

普段飲むには抵抗が。

黒豆茶は香ばしくて好きです。

緑茶は大好きです。

もっと便秘改善効果をUPする!淹れ方や飲み方の5個のポイント

お茶の種類によって

淹れ方は異なります。

また、黒豆茶なら

黒豆そのものを煮出すか、

パックで売られているものを

淹れるのかによっても違います。

今回はおススメの

黒豆茶とマテ茶、緑茶の

淹れ方を紹介します。

黒豆茶をお豆から煮出す場合、

お豆を乾煎りして、お湯を注ぎ、

蒸らしてから飲む方法があります。

使ったお豆はそのまま

食べてもいいですし、

お料理に使っても。

マテ茶なら、70~80度ほどの

沸騰前のお湯で淹れるのが、

苦くならないポイントです。

マテ茶はどんな淹れ方でも

便秘改善効果が期待できます。

緑茶なら、なるべく濃く淹れることを

おススメします。

飲み方ですが、常温のものを

飲むことをおススメします。

というのも、お腹をあたためた方が、

腸が活発に働くから。

なんで温かいものじゃないのかというと、

人間の消化器官って熱くても冷たくても

働かないらしいから。

飲む時間ですが、夜に飲むことを

おススメします。

カフェインが効く人は、

カフェインレスのお茶を選んで。

これにもちゃんと理由があります。

寝ている間にお茶の成分を

じっくり浸透させることで、

より効果が出やすいですし、

翌朝のスッキリにつながります。

他の病気の可能性も?

数々の便秘改善法も試したけど、

それでも便秘かも・・・

という場合、もしかしたら

病気の可能性もありますよ。

今まで便秘ではなかったのに、

急に便秘になった!

そんな場合、病気の可能性もあります。

女性ですと妊娠などで

便秘になったり下痢になったり、

ということも聞きます。

女性器の病気ということもありますので、

安心するためにも

病院で診てもらってくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

お茶ですから、水分もとれますし、

自然のものですし。

少し試してみるにも、続けるにも、

やりやすいですね。

でも、もちろんカフェインは

妊娠中よくないですから、

妊婦さんはお茶の種類を

よく選んでくださいね。

もちろんお医者様から

止められているケースや、

小さいお子さんも、

カフェインには気をつけてください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする