小児科を見分けるポイント

いい小児科、見分けるポイント教えます‼   

出産をして赤ちゃんが生後1ヶ月を迎えると『1ヶ月検診』があります。検診は小児科に行って行うのですが、どんな病院がいいのか?悩みますよね。検診だけでなく定期的にしばらく続く予防接種でも小児科に通うので、安心して通える小児科の病院を探したいですよね。

私は結婚してから引っ越してきたので、知り合いもいなかった為病院の評判を聞くこともできませんでした。そのため実際に行って確認するしか私には方法がありませんでした。しかし運よく1件目の病院がとてもいい病院だと感じたので今でも通っています。
でも必ずしも1件目で気に入る病院に出会えるとは限りません。そこで今回は、私が実際に通っていいと感じた点を踏まえながら、いい小児科の見分けるポイントについてお伝えしたいと思います。

1.まずは外観・入口はきれいで掃除が行き届いているか? 

病院に限らずお店でもなんでも外観や入口がきれいに掃除・管理がされているかどうかは重要なチェックポイントです。隅々まできれいにされていれば、丁寧な仕事・指導が行き渡っているという可能性が高いからです。また小児科は免疫がまだしっかりついていない乳児も来院するので清潔さを保つことは大切なことです。そういった配慮がきちんとされているかどうか、外観や入口でも感じ取ることができます。

私の娘が通う病院の外観はいつ行っても綺麗に掃除がされています。またベビーカー置き場やスロープがあるので大きなベビーカーで来ても置き場に困らず安心して通院できます。それからきちんと手入れの行き届いたプランターがあり、可愛い花が咲いていて明るい雰囲気なので娘も怖がらずに着いてきてくれます。

2.受付スタッフの対応は明るく感じがいいか?

病院に入ってまず目につくのは受付スタッフの方の表情や勤務態度です。ただでさえ病院は不安を抱えて訪れる場所で、できれば行きたくないなと思う人がほとんどだと思いますが、そんな場所のスタッフが不愛想だったり、受付に誰もいなかったりすると不安な気持ちはさらに膨れ上がってしまいますよね。ましてや大切な我が子の通う病院だと尚更ですよね。

迎えてくれるスタッフは、幼稚園の先生のように優しく物腰柔らかい明るい笑顔で対応してくれて、子供の扱いにも慣れているようなスタッフがいると一番いいですよね。また幼い子供を連れて出かけると“他人に迷惑をかけないか?”“一人で子供をみながら色々こなせるのか?”など不安を抱えながら訪れるママも多いと思います。

私は実際そうでした。1人目ということもあり、“子供を抱えながら手続きがスムーズにできるのかどうか?”ということでも少し不安がありました。でもどのスタッフの方も、私の気持ちを理解し気遣って下さり、カバンを持ってくれたり、娘を抱っこしていてくれたりとサポートして下さったのでとても助かりました。多くを求めるわけではありませんが、困った時にサポートしてもらえると助かりますよね。

3.病気と検診の患者さんと待合室が分かれているか?

私が小児科探しでもっとも重要視したのが病気の患者さんと別の待合室で検診や予防接種の順番を待つことができるか?ということでした。生後間もない赤ちゃんは、免疫力も弱いので短時間でも同じ空間で過ごすことでも感染してしまう恐れがあるいのではないかと心配しました。

運よく今通っている病院が近所で唯一、検診・予防接種の患者さん専用の待合室が設けられていました。また病気を診断する時間帯と検診・予防接種をする時間帯も分けられているので、風邪などをひいた子供と接触することはありません。また基本は完全予約制のため、待ち時間も短くて済むので安心です。万が一病気になってしまった子供が来院しても待合室が別なので安心して診察を待つことができます。

4.できれば女性の医師だとより一層安心

これは人により意見はさまざまかもしれませんが、私たちの通っている病院はたまたま女性医師だったのですが、通ってから女性医師でよかったなと感じることがとても多かったです。男性医師であっても小児科の先生であれば子供の扱いには慣れていると思うので特に心配に思うことはないのですが、女性医師ですと母親の育児に対する不安や悩みを察してくれたり、思いを理解してもらえるのでとても相談しやすかったです。

またその女性医師も母親で2人のお子さんがいるので自分の経験談や実際に子育てをして感じたことなどをふまえて話をしてくれるので、けして頭ごなしに否定をしたりせず丁寧に説明をしてくれるのでとても親近感も湧き何でも打ち明けることができます。

5.わかりやすく丁寧な説明をしてくれるか?

風邪をひいて病院にいくと、大した説明もなく聴診器をあて、口の中を確認したあとに一言“風邪ですね。薬、出しときます”と言って診察が終わってしまうという経験をしたことがあります。

子供の通う病院の医師までそんな対応だと不安で仕方ないですよね!子供が風邪をひいたりするとすぐに高熱になったり、免疫力が弱いため重症化する危険性もあります。“どのように対処すべきか?”“なにが原因で体調を崩したのか?”など丁寧な説明をしてもらえると安心ですよね。それから先ほども少し触れましたが、相談しやすい医師であるということも大切ですよね。

通っている病院の医師は、予防接種の時には予防接種のスケジュール表と接種の内容について書かれた資料を持たせてくれたり、風邪をひいたときも病院で作成された対処法の資料をくれたりと都度丁寧な対応をして下さるので大変助かっています。

6.緊急時の電話相談では迅速な応対をしてくれるか?

この項目に関しては、そういった状況になってみないと確認することができないことではありますが子供が急に高熱を出した時など、どう対処すべきか?病院に行くべき状況であるのか?など判断する際に電話をして確認することがあります。こちらは不安のあまり動揺してしまうこともあるので、迅速に的確なアドバイスで誘導してもらえるととても助かります。

以前、娘がはじめて高熱を出してあたふたしながら病院に電話を掛けました。忙しい時間帯にも関わらず掛けるとすぐに繋がりました。その後は順を追って質問をして下さり、こちらがどう伝えればよいか考えずともスムーズに状況を伝えることができました。緊急を要する時こそ頼れるスタッフ・医師が揃った病院であってほしいと思います。

以上、『いい小児科を見分けるポイント』についてお伝えしました。大切なお子さんの命を安心して預けられる病院を探す際に是非参考にしていただけたらと思います。私の場合は、新しい土地に引っ越したばかりでしたので実際に通っている人の意見を聞くことはできませんでしたが、できれば直接通ったことのある人の感想などがきけるととても参考になりいいと思います。気になる病院に何か所か通って確認する手段もありますが、お子さんの体や命に直接関わることですので、できる限り事前にリサーチをしてある程度見定めてから通えるといいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする